スタッフブログ

Google アートプロジェクト

清々しい5月晴れが快い季節となりましたが、皆様如何お過ごしでしょうか。

 

5月17日(火)より、当館が収蔵する 50を超す作品と美術館内の様子が、世界のどこにいてもオンライン上でご覧いただけるようになりました。これにより、自然との調和が魅力的な当館の建築美と収蔵品が左側イベントカレンダー下のバナーからお楽しみいただけます。

 

オンライン上でも当館をお楽しみ頂くにあたって、2つ大きなポイントがあります。

 

1.超高解像度画像で肉眼では見えない作品の細部まで鑑賞できます

カルチュラルインスティテュート史上最高の解像度で作品の撮影を可能にした「ギガピクセルテクノロジー」により、ディテールまでご覧いただくことができるようになりました。肉眼では見られない細かい筆のタッチのような細部まで、近づいて鑑賞することができます。

 

焼貫黒樂茶碗 江上阻風雨(2003)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.ストリートビューによる館内のバーチャルツアー 

佐川美術館館内をストリートビューでご覧いただくことができます。気になる作品をクリックすると、作品の詳細や高解像度画像が表示されます。(※ 高解像度画像は、カルチュラルインスティテュート上で画像が公開されている場合に表示されます) 館内のストリートビューは、美術館等の撮影用に特別に設計したストリートビュートロリーで展示室内を 360° 撮影しています。撮影した画像をつなぎ合わせることで、十五代 樂吉左衞門設計創案による茶室を含む、さまざまな展示室のバーチャルツアーが可能です。

 

普段と異なる角度から眺めてみる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バーチャルならではの佐川美術館の楽しみ方、ぜひご堪能ください。

 

 

 

*Goggle アートプロジェクトとは

Google アートプロジェクトは、Googleカルチュラルインスティテュートの一環であり、これまでに、1,000 を超える美術館や博物館が参加し、20 万点を超える美術作品をはじめ、600 万点以上の歴史的資料、文献、写真、ビデオ等が公開されています。