さがわきっずみゅーじあむ

《無限回廊の世界をブロックで組み立てよう》開催報告

2012年08月11日(土)~2012年08月11日(土)

2012年8月11日(土)、研究者藤木淳先生を講師として、無限回廊について学ぶワークショップを開催しました。今回は、不思議な物体である無限回廊について学び、実際に自分の手で作り、楽しんでもらうということをテーマに活動しました。

無限回廊とは、物体を見る角度を変えることで実際はつながっていない部分がつながっているように見える物体、つまり「無限」に続く「回廊」のことです。

はじめに、講師の藤木先生の説明を聞きました。先生の話をとても熱心に聴いたり、先生からの問いかけに対しても積極的に挙手をして発言したりと、子供たちの反応がとてもよく、驚きました。

次に、発泡スチロールのブロックを使い実際に無限回廊をつくりました。はじめ、苦戦していた子供たちも徐々にコツをつかみ、さまざまな形に挑戦していました。また、子供だけでなく、保護者の方も一緒に考えながら楽しく作成している場面も多くみられました。

最後に、完成した作品と共に写真撮影をしました。
藤木先生が作った無限回廊のプログラムゲームはみんなの興味をひきつけたようで、ワークショップが終わっても、物足りないようでした。会場は子供たちのキラキラした笑顔であふれていました。幼い頃からから芸術に触れ、豊かな発想力を吸収することの素晴らしさを感じることのできたワークショップでした。