さがわきっずみゅーじあむ

《スズキコージさんとお店をつくろう!》開催報告

2012年08月05日(日)~2012年08月05日(日)

8月5日、絵本作家のスズキコージ先生を講師におむかえし、ワークショップをおこないました。約2時間の制作で「みなさん、ぶっとんでますね」とコージ先生が講評されるユニークな作品が完成しました。

わたり廊下のスペースを利用した今回のワークショップは〈スズキコージさんとお店をつくろう!〉というテーマで、たくさんの材料を自由に使って、楽しいお店をつくりました。
材料は、段ボール,厚紙,紙粘土,ポスカ,ビーズ,カラフルな糸,チラシなどなど、いろいろなものを用意しました。
最初にスズキコージ先生が、参考作品を見せてくださり、先生の「じゃあ......はじめ!」の合図で、一斉に自由に活動がスタートしました。

・ゆいちゃんは、大きな窓のパフェのお店をつくりました。カッターで窓を切りぬいたり、机やいすをつくるのが大変でした。
・ゆうすけくんは、お母さんと恐竜博物館をつくりました。弟ののぞむくんは、赤い恐竜のタマゴをつくり、お兄ちゃんをたすけました。
・屋上には、いけすと家庭菜園。ソーラーパネルでエコにも配慮したお店をつくったのはゆうたくん。
・さやちゃんは手をどろどろにしながらティラノサウルスをつくりました。火山の火を布でいきいきと表現しました。
・うさぎをかわいくつくったのはゆうきくん。お父さんは、木をがんばってつくりました。もう少し加えて、夏の自由作品にしようかな。
・「昨年は子どもと一緒に参加したんです。今年は中学生で忙しいので私だけ...」と一人で参加されたお母さんは、カラフルなポップアップ(とびだす絵本)を完成させました。
・ちひろくんは使ったことのないローラーで上手に色をぬって、おもちゃ屋さんをつくりました。
・パン屋さんに、動物がぐわーって出てくるお店、お花屋さんに魚屋さん、虫屋さん、ハート屋さん、先生のかんむりは旗屋さん。たくさんのお店ができました。

完成後にはスズキコージ先生と一緒に写真を撮っていただきました。
楽しい夏の1日になりました。

博物館実習 成安造形大学 山地智子 上田暁江
5年経験者研修 守山南中学校教諭 樺島普優