スタッフブログ

滋賀県でいちばん高い山のはなし

今年の冬は、雪がよく降りました。特に、滋賀県北部は記録的な積雪量のところも多かったです。豪雪国として有名な日本ですが、世界で最も積雪したのはどこか皆さんご存知ですか?それは、滋賀県最高峰・伊吹山(1377m)なんです!昭和2年(1927)2月14日に記録した積雪11.82mは、現在まで世界山岳気象観測史上1位として記録が残っています。約12mの積雪って、想像つかないです・・・世界にはもっと寒い国があるのに、何だか意外ですよね。

 

奥が冬化粧した伊吹山

 

 

 

 

 

 

 

 

 

滋賀県北部では、伊吹山を方角の目印にするくらい馴染みの深い山なのですが、皆さんはご存知だったでしょうか。

伊吹山は古くは『古事記』や『日本書紀』に登場する歴史的な山で、ヤマトタケルノミコトにまつわる話が現在まで伝わっています。奈良時代には山岳仏教の聖地だった伊吹山ですが、安土桃山時代には、織田信長がポルトガルの宣教師に薬草園をひらかせた歴史を持ちます。地理的な要因から植物相が豊かなため、薬草の一大産地として有名な伊吹山は、自生する薬草が200種以上。特にヨモギやお灸で知られるモグサが知られています。伊吹山の麓には、薬草湯に入れる施設もあるんですよ!

 

冬場には関西最大級のスキー場として賑わう伊吹山ですが、夏季にはドライブウェイが開通します。山麓から山頂近くの駐車場までのドライブは絶景です!冬場は積雪のため閉鎖されていますが、2017年は4月15日より開通予定とのこと。山頂近くの駐車場からは登山道が整備されており、高山植物の花を楽しみながら、山頂まで約40分の道のりをハイキングすることができます。

 

見渡す限り一面の高山植物

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運動で疲れた後は、駐車場に併設されているスカイテラスでのご休憩がオススメです。ここでは、有名な伊吹そばやよもぎうどんを食べることができるそうです。カフェでは、伊吹薬草ソフト(どんな味なんでしょうか!?)や、伊吹産のハーブを使用したハーブティーが頼めるそうです。おいしそうですね!

 

もうすぐ寒い冬も終わり。是非、お出かけしてみてください。