スタッフブログ

「芸術鑑賞教室」開催中です!

佐川美術館では、2月17日(金)・21日(火)~24日(金)の間、守山市立の小学校 全9校から小学4年生を招いて、芸術鑑賞教室を開催しています!約半日間、当館学芸員と一緒に作品鑑賞をした後に砂絵作りを体験して、芸術の面白さや奥深さを体験してもらおうという、当館の地元である守山市教育委員会との連携授業です。

 

では、初日の様子を少しお伝えします。 

 

平山郁夫館では活発なディスカッションが繰り広げられました!「何が描かれているのだろう?」「描き方の異なる作品があるけれども、どのように違うのだろう?」「どんな材料を使っているのかな?」「どのように描いたのだろう?」など1人1人から発された疑問を皆で話し合いながら考えました。

 

何が描かれているのだろう?

 

とても積極的!

 

次に佐藤忠良館では、実際に彫刻に触りながら、見た目だけではなくその質感から作品へアプローチしていきました。「冷たいかな?温かいかな?」「柔らかいかな?硬いかな?」「なんでつるつるな面とざらざらな面があるんだろう?」「材料はなんだろう?」「どのような順番で創ったのだろう?」「なんで作品によって彫刻の色が違うのだろう?」など疑問を話し合って理解を深めていきました。

 

作品に触れるって楽しいね

 

真剣なまなざしです

 

皆で一緒に考えながら作品鑑賞した後には、砂絵体験をしました!

 

オリジナリティ溢れる作品が次々と生まれました。

 

丁寧に丁寧に

 

楽しそうに制作する雰囲気が伝わりますよね♪

 

いい笑顔です!

 

 

最後は、全員で後片付けと掃除をしました。皆で助け合って一生懸命取り組んでくれたので、次に使用する児童の皆さんは気持ちよく砂絵作りに励むことが出来ます。

 

皆さんがこれから色々な芸術作品に向き合うとき、この鑑賞教室の体験がベースになり、自分の心と頭で考えながら芸術に触れる時間を持つことが出来たら嬉しく思います。