スタッフブログ

「芸術鑑賞教室」開催中です!

6月23日(金)から27日(火)~30日(金)の5日間、地元守山市の小学4年生(全9校)を招いて、芸術鑑賞教室を開催しています!約半日間、当館学芸員と共に所蔵品の鑑賞と砂絵作りを通して、芸術の面白さを体験してもらおうという守山市教育委員会との連携授業です。

 

昨日23日(金)は初日でした!

真夏のような陽射しの中、元気良く大きな声で挨拶してくれる児童の皆さんが美術館に到着。最後まで楽しく芸術鑑賞教室を行なうことが出来ました。

 

平山郁夫館では、素描と本画の違いや支持体、描画材について活発なディスカッションが繰り広げられました。「絵のモチーフはなんだろう?」「描き方の異なる作品があるけれども、どのように違うのだろう?」「なんでキラキラ光っているのかな?」「こんなに沢山の絵画を1人で全部描いたの?」など沢山の疑問を皆で話し合いながら考えました。

 

色鮮やかで綺麗だね

 

次に佐藤忠良館では、彫刻に触り、その質感から作品へアプローチするといった五感を刺激する鑑賞方法を体験してもらいました。「冷たいかな?温かいかな?」「やわらかい?固い?身近にあるどんなものと1番近いかな?」「どのような順番でつくったのだろう?」など話し合って理解を深めていきました。

 

おへそがあるね

 

作品鑑賞の後は、平山郁夫氏の作品をモチーフにした砂絵の制作をしました。制作し始めると皆さんすごい集中力です。最後には、全員で徹底的に後片付けと掃除をしました。公共の場で役立つルールやマナーを学ぶ機会も設けています。

 

みんな真剣!

 

この鑑賞教室での体験をきっかけにして、未来あるこども達が自分の心と頭で考えながら

色々な芸術に触れる時間を沢山持つことができたら嬉しく思います。