スタッフブログ

ミュシャ展ラストイベント開催しました!

急に季節が秋らしくなり、茶室から見えるヨシとヒメガマも少しずつ黄色く色づいてきました。9/10現在のヨシの様子はこちらです。

 

ヨシの生育状況9.10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご参考にどうぞ!これからの季節はどんどんヨシが紅葉していく様子をご覧いただけますよ。

 

アルフォンス・ミュシャ展も会期残りわずかとなり、連日大変多くのお客様にお越しいただいております。ミュージアムショップでミュシャグッズをお買い求めいただくお客様の姿を大変多くお見かけするのも、優れたデザイン性を持っていたミュシャだからといえますね。日常のグッズにミュシャを取り入れてみるのもいいですよ。麗しい気分になれるかも♪

 

さて、先週末は「アルフォンス・ミュシャ展」最後のイベントもりだくさんの週末でした。9日は、かとうかなこさんによるコンサート。10日は、ペトル・ホリーさんによる講演会を開催しました。

かとうかなこさんはクロマチックアコーディオンと呼ばれるボタン式のアコーディオンを使って演奏されます。かとうさんの美しいアコーディオンの音色とともに、ギターとパーカッションの音が加わると、会場は一変にパリのような雰囲気に早変わり。一気にかとうさんの奏でる世界に引き込まれました。

 

かとうかなこさんコンサート

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ペトル・ホリーさんは元チェコセンター所長で、現在はチェコに関するカルチャーを幅広く紹介する「チェコ蔵」の主宰としても活躍されています。

ペトル・ホリーさんは早稲田大学で日本文化について研究されていたこともあり、日本語がご堪能。これが、訛りもなく美しい日本語で、日本人よりも伝統的な日本の心を大切にされている方でした。ペトル・ホリーさんの講演は、ミュシャの年表に沿った形で、彼の生涯を振り返りました。中には、私も初めて見るようなマニアックな資料も多数登場し、メモを取るお客様の姿もたくさんお見かけしました。

 

ペトル・ホリーさん講演会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、3連休は台風が日本列島直撃しますが、佐川美術館は3連休も休まず開館しておりますよ。ミュシャ展会期中の休みは19日(火)のみです。

ただ、台風の勢力が非常に強いとのことですので、お越しの際はお気をつけくださいね。