展覧会

メカニックデザイナー 大河原邦男展
終了

2016年04月17日(日)~2016年06月16日(木)

・

 

 

銀河系初のメカニックデザイナー滋賀に降り立つ!!

 

 

アニメファン待望の企画「メカニックデザイナー 大河原邦男展」が京滋地区初開催。

 

 

 → 公式ホームページはこちら ←

 

 

『科学忍者隊ガッチャマン』や『タイムボカンシリーズ ヤッターマン』、そして『機動戦士ガンダム』・・・。誰もが一度はテレビで見て、そして関連する玩具や模型を買ったり遊んだりした記憶があると思います。その日本アニメーション史上、数々のロボットデザインを手がけたのが、日本初、いや銀河系初のメカニックデザイナー大河原邦男氏です。1972年に『科学忍者隊ガッチャマン』でメカニックデザイン専任スタッフとしてデビューを果たすと、1976年の『ゴワッパー5 ゴーダム』で劇中全てのメカニックデザインを描き上げ、その後も『タイムボカンシリーズ』や『無敵鋼人ダイターン3』など、数多くのヒット作を手がけるようになります。

 

その中で大河原氏の名前を日本全国に知らしめたのが、1979年に放映された『機動戦士ガンダム』でした。テレビ放映終了後の1981年から1982年にかけて上映された劇場版『機動戦士ガンダム』三部作の大ヒットもあり、その人気は不動のものとなります。大河原氏が手がけた数あるメカニックデザインの中でもガンダムシリーズは、「ファースト」とよばれる『機動戦士ガンダム』の世界観を中心として、続編や多くの派生作品が産み出されました。そして、その多くの作品に大河原氏のメカニックデザインが採用され、初代ガンダムから30年以上経った2000年代のガンダムシリーズにも、そのデザインが如何なく発揮されていることも注目されます。

 

本展では、ロボットアニメにおける"メカニックデザイナー"という職業を確立し、現在も第一線で活躍されている大河原邦男氏の40年以上にわたる仕事を振り返ります。大河原氏が手がけた作品のカラーイラストやアニメの設定資料など、貴重な資料とともにご紹介します。また、本展開催の為に描き下ろしたガンダムやヤッターワンなどアニメの垣根を越えた夢のコラボレーションイラストも公開(関西初公開)しますので、是非この機会に大河原デザインの真髄をご覧ください。

 

 

・

 

 


〔開催概要〕

開館時間:午前 9 時 30 分 ~ 午後 5 時(入館は午後 4 時 30 分まで)
休  館 日:月曜日
入  館 料:一般1,000円/高大生600円/中学生以下は無料 ※ただし保護者の同伴が必要
     団体(20名様以上)は200円引き、専門学校・専修学校は大学に準じる。
     障害者手帳をお持ちの方(手帳をご提示ください)付添者(1 名のみ)無料

主  催:公益財団法人佐川美術館、産経新聞社

特別協力:アニメディア・ドット・コム、稲城市、エクスマキナ、江崎グリコ、ゴンゾ、

     サンライズ、シンエイ動画、スタジオぴえろ、創通、タカラトミー、タツノコプロ、

     円谷プロダクション、東映、名古屋鉄道、日本アニメーション、バンダイ、

     バンダイナムコエンターテイメント、吉谷機械製作所、ワコープロ

後  援:滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会

企画協力:アドシステム

協  力:SGホールディングス株式会社、佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社