樂吉左衞門

樂吉左衞門プロフィール

樂吉左衞門

昭和24年、京都市生まれ、陶芸家。
日本独自の陶芸・樂焼の家系の十五代目。
昭和48年に東京芸術大学美術学部彫刻科を卒業後、イタリア留学を経て昭和56年十五代吉左衞門襲名、現在に至る。
桃山時代に樂茶碗を造りだした初代長次郎以来、400年余りの歴史と伝統を継ぐ樂家十五代当主として、伝統に根ざしながらそこに安住することなく、常に斬新な感覚を示す造形美の世界を表現し続けている。
国際陶芸アカデミー会員。

樂美術館

1949年(昭和24) 十四代覚入(かくにゅう)の長男として京都市に生まれる。
1973年(〃 48) 東京芸術大学美術学部彫刻科を卒業。
1975年( 〃 50)26歳 2年間のイタリア留学から帰国後、京都市立工業試験所で釉薬の研究を行なう傍ら作陶に入る。
1981年( 〃 56)32歳 十五代樂吉左衞門を襲名。
1983年(〃 58)34歳 「襲名記念初個展」(高島屋、東京・京都)を開催。
1985年(〃 60)36歳 「現代茶陶 樂吉左衞門」(茶道資料館、京都)を開催。
1987年(〃 62)38歳 プリンストン大学「ヴィジティングフェローシップ」を受賞。
1990年(平成2)41歳 6年をかけた個展「天問」を開催。茶陶の前衞的な造形を示す。
1992年( 〃4)43歳 「日本陶磁協会金賞」を受賞。
1993年( 〃5)44歳 「MOA岡田茂吉賞優秀賞」を受賞。
1997年( 〃9)48歳 樂焼を海外にはじめて紹介する「RAKU, A Dynasty Japanese Ceramists」展をイタリア、フランス、オランダで、それを受けて「RAKU帰国展-樂茶碗の四百年・伝統と創造」展をサントリー美術館(東京)で開催。 「綾部賞」(岐阜県) を受賞。
1998年( 〃10)49歳 「第40回毎日芸術賞」(毎日新聞社) を受賞。
2000年( 〃12)51歳 「フランス芸術・文化勲章シュヴァリエ」(フランス政府)を受章。
2001年( 〃13)52歳 「京都府文化賞功労賞」(京都府) を受賞。
2005年( 〃17)56歳 「樂歴代と15代吉左衞門」展を香雪美術館(神戸)にて開催。
2006年( 〃18)57歳 「MOA岡田茂吉賞大賞」(MOA美術館)を受賞。
2007年( 〃19)58歳 滋賀・佐川美術館に樂吉左衞門館が開館し、館ならびに現代茶室を設計創案。
2012年( 〃24)63歳 襲名30周年を記念し、『ちゃわんや 二人の息子と若き人々へ』を出版。