展覧会

魔法の美術館Ⅱ
更新

2017年12月09日(土)~2018年02月12日(月)

.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

話題の魔法のような体感型アートが帰ってくる!

 

佐川美術館の冬の風物詩となった、さがわきっずみゅーじあむ展示イベント。今年は、2014年開催時、大きな反響をよんだ「魔法の美術館」が、パワーアップして帰ってきます!

 

本イベントの作品は「見る」「聞く」「触る」といった人の動きに応じて、作品が光ったり、音や映像が流れる体感型アートです。感覚を使った体験方法は、お子様にもわかりやすく、ご家族の皆様にお楽しみいただけます。自分の動きに反応して作品が動く様は、まさに魔法の世界!世代を超えて楽しむことができるイベントです。

 

《音めがね》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 緒方壽人(Takram) © hisato OGATA(Takram)

 

音めがねの作品動画はこちら(YouTube)

 

 

前回からパワーアップしたプログラム!

 

展示作品は、日本を代表するアーティスト8組による14作品の体感型アート作品で、直感的に楽しめる未来のアートばかり。2014年度の開催時と全プログラム異なるラインナップで、魔法のようなアートの世界をより一層豊かに彩ってくれるはずです。中には、佐川美術館での展示が国内初お目見えとなる作品もあります。

 

《Vertexceed》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

坪倉輝明 © teruaki TSUBOKURA

 

Vertexceedの作品動画はこちら(YouTube)

 

 

 

会場内は写真撮影OK!

 

魔法の美術館Ⅱ展示会場では、どの作品も写真撮影OKです(フラッシュ不可)。魔法のようなアートの世界は、どれもフォトジェニックな空間。異世界にいるような写真が撮影できますよ。もちろん撮影した写真はSNSにも投稿OKです。Instagramでいいね!がもらえること間違いなし♪みんなの注目を浴びちゃおう!

 

《portrait》

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宮本昌典/田中陽 © masanori MIYAMOTO/you TANAKA

 

 portraitの作品動画はこちら(YouTube)

 


 

主  催 : 公益財団法人佐川美術館、京都新聞

後  援 : 滋賀県、滋賀県教育委員会、守山市、守山市教育委員会、BBCびわ湖放送 

企画協力 : ステップ・イースト

協  力 : SGホールディングス株式会社、佐川急便株式会社、佐川印刷株式会社

 

 

2014年度開催の魔法の美術館

↓↓↓

こちら