展覧会

平山郁夫 描かれた世界遺産

2018年06月02日(土)~2018年11月18日(日)

原爆による後遺症と闘いながら平和を希求し、創作活動を続けた平山郁夫。シルクロードを中心に世界各地を取材旅行で訪れるなか、貴重な文化財が失われつつある状況を目の当たりにしてきました。平山は戦争や盗掘といった人為的な破壊だけでなく、自然崩壊によって失われつつある文化財を保護することで、国際的な平和貢献を目指す「文化財赤十字構想」を提唱します。

本展では、敦煌莫高窟、アンコール遺跡群、南京城壁など「文化財赤十字構想」のもと文化遺産保護活動のために手がけられた作品を中心に、平山が描いた世界の貴重な文化遺産に取材した作品を展観します。