menu botton

展覧会

さがわきっずみゅーじあむ 魔法の美術館Ⅲ (事前予約制による完全入替制)
更新

2021年12月04日(土)~2022年02月13日(日)


子どもから大人まで直感的に楽しめる体感型アートの展覧会「魔法の美術館」。
大人気を博した本企画が、4年ぶりに佐川美術館へ帰ってきます!
人の動きに反応して、光や影、映像が変化し、美術館に魔法のような世界が広がる体感型アートは、まるで自分と作品が対話するような体験ができます。
その時、その場でしか見られない次世代のアート作品を、ぜひ体感してください。


休館日 | 月曜日(1/10は開館)、12/30~1/3、1/11





混雑緩和のため、  事前WEB予約制  、および  完全入替制  を導入します。
ご予約のない方は、「魔法の美術館Ⅲ」会場へはお入りいただけません。


  事前WEB予約制 

※無料枠の方(中学生以下、障がい者手帳、各種招待券、及び無料観覧券をお持ちの方)も
 ご予約が必要です。

※ご予約時にネット決済による入館チケット購入をお願いします。
 一般 1,000円、高大生 600円、中学生以下無料(要保護者同伴)、障がい者手帳をお持ちの方(付添者も1名のみ)無料
 
学生料金や無料枠でご予約された方は、入館の際に証明できるものをご提示ください。(各種招待券や無料観覧券をお持ちの方も、事前予約の上、それぞれのチケットをご提示ください。)ご提示いただけない場合は、一般料金での対応になります。


※本料金で吉左衞門X展及び常設展もご覧いただけます。

※電話や美術館窓口でのご予約はできません。



 完全入替制(当イベント会場の滞在は各60分) 

ご鑑賞は下記時間枠で完全入替制となります。「魔法の美術館Ⅲ」会場は、ご予約された時間以外のご入場はできません。

①10:00~11:00 
②11:10~12:10
③12:20~13:20 
④13:30~14:30
⑤14:40~15:40 
⑥15:50~16:50

※当イベント会場は、上記ご予約の時間枠内のみのご鑑賞(滞在)になります。入場開始時刻には混雑が予想されますので、ご予約されたお時間の15分前に必ず入館ゲートにて、入館受付をお済ませください。予約時間を過ぎた場合、当イベント会場にご入場いただけませんので、ご注意ください。またその際の払戻もできません。

※常設館の滞在時間に制限時間はございません。




チケットの予約変更を希望される場合は、一旦キャンセルのご連絡をしていただき、
改めてお申し込みください。


お申込完了後のキャンセル(返金)をご希望の方は佐川美術館にご連絡ください。

(TEL:077-585-7800、受付時間 9:30~17:00)
<休館日:月曜日(1/10は開館)、11/29~12/3、12/30~1/3、1/11>
※休館日は電話はつながりません

チケットの払戻につきましては、システムの都合上、お時間がかかる場合がございます。

ご予約された日時を過ぎますと払戻はできません。




ご購入前に予約専用サイトに記載されている内容を必ずお読みいただき、
ご承諾の上でお申し込みください。


12月 4日(土)~12月26日(日) 入場分 → 販売中


12月28日(火)~ 1月16日(日) 入場分 → 12月 7日(火) 10:00販売開始
1月18日(火)~ 2月13日(日) 入場分 → 12月28日(火) 10:00販売開始




■みどころ


光と遊ぶ超体感型ミュージアム!


「魔法の美術館Ⅲ」では参加者にあわせて作品が様々な表情をみせてくれます。ただ作品を見るだけでなく、参加者自身も作品にかかわり、人と作品とがお互いに作用する、このインタラクティブ性が大きな特徴です。気鋭のアーティストたちによる作品がめくるめく魔法の世界へと導いてくれるでしょう。五感をフルに使い、遊ぶような感覚で体験できる、新感覚アートの驚きと感動をお楽しみください。



■主な展示プログラム


《色のある夢》

自分の影が七色の影として現れ、光のショーがはじまる不思議な作品。







《つくもがみ》


廃墟のような世界へ踏み出すと廃材や工具、家電などが自分の体に吸い付き、廃棄物で作られたロボットに変身します。







《Shadow+》

幾何学的な模様や雪が舞う幻想的な世界など、幾つものバリエーションで自分の影がアートとなり楽しむことができます。







《こびとの館》

椅子に座ると顔が撮影され、こびとに変身。変身した身体はこびとの館に転送され、空を飛んだり、水中を泳いだり、コミカルに踊ったり...。






《toatope》

影絵遊びをモチーフにした作品。人によって大きさや形が違う手から生まれた「影」が、命を吹き込まれたかのように動き回ります。







※作品は仕様を変更する場合がございます